イメージ画像

教育はその字そのものだと思います。

教育とは文字通り教えて育てて行くものだと思います。
しかし、今の教育現場では教えるのに精いっぱいで、育てて行くまで手が回っていないように感じます。ついこの間の暴力問題もそうですが、育てるのではなく、無理やりに教えるという事に固執している為に、暴力にまで発展してしまっているのではないかと思います。

 

自分の我が子に対してもそうです。教えて育てるということを徹底的にすることが大事だと思います。教える時はなるべく感情的にならないように、怒るよりは言って聞かせるという事を第一に考えます。
更に育てるというのは自主性を育てるという事が重要になります。何でもかんでも全て親の思い通りにするのではなく、自主性をある程度持たせ、自分の意志で行動できるような自主性をしっかり育んでいくということを行います。

 

このように、しっかり順を追って教え込み、更に自主性を育てる為にある程度突き放して考えさせるという事も行わなければなりません。

 

しかし、家庭では仕事を抱えながら教育していかなければなりませんし、学校などの教育現場では、沢山の生徒に同じように平等に教育しなければなりません。なので、難しいといえば難しい事だと思います。でも、教育はしっかりと行うとしっかりその分の見返りがあると思います。是非教育者は、後悔がないように子供たちを教育していって頂きたいと思います 。

このページの先頭へ